抗酸化作用

眼精疲労回復♪



抗酸化作用



sponsored link

ブルーベリーはとても栄養価が高く健康的な食べ物といわれていますが、その健康面の最大の特徴として、抗酸化力がとても高いことが挙げられます。

マサチューセッツ市ボストンのタフツ総合大学にあるUSDA(米国農水省)の研究所では、アメリカ産果実および野菜を合わせて43種(全て生鮮物)の抗酸化作用について比較たところ、抗酸化作用に関してブルーベリーが最も高い結果が出たました。

抗酸化作用は身体の細胞を傷つける活性酸素を抑え、ガンや老化にともなう病気を引き起こすといわれる代謝物の毒性を中和する機能をサポートします。



ブルーベリーの抗酸化成分

主にアントシアニンなどのポリフェノールと、ビタミンCやビタミンEです。ブルーベリーのポリフェノール類の主な構成成分の割合は、アントシアニン(30~40%)、クロロゲン酸(30%)、プロアントシアニジン(20%)です。これらの他にフラボノール配糖体(5%)とカテキン+その他(5%)が含まれています。ブルーベリーのビタミンC含有量は9.0~16.7mg、ビタミンE含有量は1.59~1.7mgです。



[スポンサードリンク]